【ジョハリの窓とは】起源、概要、効果的な活用法など解説

ジョハリの窓は、自己認識と人間関係の深化を目指す心理学的ツールとして知られています。

起源と語源

ジョハリの窓は、1955年にアメリカの心理学者ジョセフ・ルフト (Joseph Luft) とハリ・インガム (Harry Ingham)によって開発されました。「ジョハリ」とは、2人の名前「ジョセフ」と「ハリ」を組み合わせたものです。

概要

ジョハリの窓は、4つの領域から成り立っています。

  1. 公開領域:自分も他人も知っている情報。(開放の窓)
  2. 盲点領域:自分は知らないが、他人は知っている情報。(盲点の窓)
  3. 隠された領域:自分は知っているが、他人は知らない情報。(秘密の窓)
  4. 未知の領域:自分も他人も知らない情報。(未知の窓)

この4つの領域を通じて、自己認識を深めるとともに、他者とのコミュニケーションを向上させることができます。

↓4つの窓に入力できます。

開放の窓
盲点の窓
秘密の窓
未知の窓

効果的な活用法

ジョハリの窓を効果的に活用するためには、以下のステップを踏むことが推奨されます。

  1. フィードバックの受け入れ:他人からのフィードバックを受け入れることで、盲点領域を縮小し、公開領域を拡大することができます。
  2. 自己開示:自分の考えや感情を他人に伝えることで、隠された領域を縮小し、公開領域を拡大することができます。
  3. 自己探求:自分自身を深く探求することで、未知の領域を縮小し、公開領域や隠された領域を拡大することができます。

注意点

ジョハリの窓を活用する際の注意点として、以下の点を挙げることができます。

  1. 過度な自己開示は避ける:自己開示は信頼関係を築くための手段ですが、過度になると他者を不快にさせる可能性があります。
  2. フィードバックは建設的に:他人からのフィードバックは、相手の成長を助けるためのものです。批判的な言葉よりも、建設的なアドバイスを心がけましょう。
  3. 受け入れの態度を持つ:他人の意見やフィードバックを受け入れる際は、開かれた心で受け止めることが大切です。

まとめ

ジョハリの窓は、自己認識を深めるとともに、人間関係を向上させるための有効なツールです。その起源や概要、活用法を理解し、注意点を踏まえながら日常生活やビジネスシーンでのコミュニケーションに取り入れることで、より良い人間関係を築くことができるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました