子育てMAPアプリiibaが内閣官房主催の地理空間情報を活用したビジネスアイデアコンテスト「イチBizアワード」で優秀賞、企業特別賞を受賞!

子育てMAPアプリiibaが内閣官房主催の地理空間情報を活用したビジネスアイデアコンテスト「イチBizアワード」で優秀賞、企業特別賞を受賞!

株式会社iiba

2022年12月24日 09時00分

株式会社iibaは、内閣官房主催の地理空間情報を活用したビジネスアイデアコンテスト「イチBizアワード」で優秀賞、朝日新聞社賞、マップボックス・ジャパン賞を受賞しました。

(イチBizアワードのWebサイトより)

イチBizアワードは、内閣官房主催の「地理空間情報×ミライ」をテーマにしたビジネスアイデアコンテストです。

※地理空間情報(GIS情報)とは、「位置」と「時間」、その関連情報から形成される情報のこと。「いつ、どこで、何が起きているか」を正確に把握し、電子地図上に多様なデータを重ね合わせて視覚化したり分析したりすることで、新しいサービスや産業の創出が見込まれています。

本コンテストは、地理空間情報を利用した、

  • 生活をより豊かに、便利にしてくれる可能性があるアイデア
  • 利用するユーザーが使ってみたくなるようなアイデア
  • 将来の課題解決につながるアイデア

など、地理空間情報のポテンシャルを最大限に活用した多様なサービスの創出・提供を目指し、未来をよりよくするアイデアの実現が期待されており、iibaは「子育て×地理空間情報×地図」の観点で、現在開発中の子育てMAPアプリ「iiba」を提案しました。

■ 企業特別賞 選定理由 ※ 順不同

  • 株式会社朝日新聞社 様

地理空間データを使い、誰かの困りごとを解決できるか?という視点で審査いたしました。未就学児を持つママパパは、自ずと行動範囲が狭まります。赤ちゃん連れの家族がより心地よく暮らせるように、地図を通して近隣の情報を提供する事に社会的意義を感じました。多くの子育て中のママパパの助けになると思います。

  • マップボックス・ジャパン合同会社 様

子育てしやすい社会の実現のために素晴らしいサービスだと思います。施設の口コミ投稿者にトークンを与える仕組みのように、ユーザーに利用を促すための仕組みが考慮されているところが好感触でした。情報を「地図」上で表現しており、将来的にAR実装なども計画されており、弊社サービスとも非常に相性が良いと感じました。

この度の受賞を機に、協賛企業との連携や地方自治体へのアプローチを進めるとともに、アプリのUIUXの向上やユーザーへの価値提供の検証などに取り組み、社会課題解決を目指してまいります。

■ 地理空間情報を活用したビジネスアイデアコンテスト『イチBizアワード』:
https://www.g-idea.go.jp/2022/award/
■ 内閣官房HP :
https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/sokuitiri/20220913/2022ichi_biz_award.html

会社概要

会社名:株式会社iiba
所在地:東京都渋谷区円山町5-5Navi渋谷V3階
代表者:代表取締役 逢澤奈菜
事業内容:子育てMAPアプリiibaの開発・運営
コーポレートサイト:https://corporate.iiba.space/
サービスサイト:https://www.iiba.space
iiba公式インスタグラム:https://www.instagram.com/iiba_official/

 

 

株式会社iibaのストーリー

もっと見る

 

 

 

Content retrieved from: https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000109530.html.

タイトルとURLをコピーしました