~「2022年のWeb3・ブロックチェーンニュースを総まとめ!」オンライン生配信 ~多彩なゲストと共に2022年を振り返り、2023年の業界展望を熱く解説

~「2022年のWeb3・ブロックチェーンニュースを総まとめ!」オンライン生配信 ~多彩なゲストと共に2022年を振り返り、2023年の業界展望を熱く解説

Astar Network ファウンダー 渡辺創太氏、Web3Girls創業者 たぬきち氏がゲスト出演!2023年1月10日 (火) 19:00~20:30 /※参加費無料(事前登録制)

アステリア株式会社

2022年12月23日 15時00分

アステリア株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:平野洋一郎、証券コード:3853、以下 アステリア)は、2023年1月10日(火)に生配信イベント「2022年の Web3・ブロックチェーン総まとめトーク!」を開催することを発表します。
  • 2022年の Web3・ブロックチェーン総まとめトーク!」イベント概要

ブロックチェーン技術は暗号資産だけにとどまらず、様々な業界での活用事例が拡大し、2022年にはブロックチェーン技術を活用した分散型の世界「Web3」※1や、Web3を語るのに欠かせない「NFT」※2「DeFi」※3「DAO」※4などのキーワードへの注目も高まっています。日本政府が今年6月に閣議決定した「経済財政運営と改革の基本方針2022(骨太方針2022)」※5では、「ブロックチェーン技術を基盤とするNFTの利用等のWeb3.0の推進に向けた環境整備」が記載されるなど、Web3に関連する内容が明記。さらに海外でもNFTやDAOなどWeb3の活用に向けた法改正や規制の強化が始まるなど、国内外でWeb3業界への注目が高まっています。

そこで、アステリアでは非常にホットであった1年間のWeb3・ブロックチェーン業界ニュースについて振り返るイベントを開催。国内外のニュースをもとに、業界の最新トレンドと2023年の技術展望を当社ブロックチェーン エバンジェリストの奥達男が生配信で解説します。さらに特別ゲストにAstar Network ファウンダー/Stake Technologies CEO の渡辺創太氏、HONEYCON創業者/ Web3Girls創業者のたぬきち氏がビデオレターで出演。2022年に注目された各トレンドワードの変化や、インターネットの新たな概念として注目されるWeb3の魅力や現状、未来について熱く語ります。

  • イベント概要>
イベント名 2022年の Web3|ブロックチェーン総まとめトーク!
日時 2023年1月10日(火)19:00~20:30
事前登録サイト https://web3-2022.peatix.com/  (無料)
こんな方におすすめ ・Web3やNFT、メタバースの意味や仕組みを学びたい
・今、Web3/ブロックチェーン業界では何が話題になっているのか知りたい
・2022年に起こった業界ニュースを知りたい・自社のビジネスや事業にブロックチェーン/NFTを活用したい
特別ゲスト Astar Network ファウンダー|Stake Technologies CEO:渡辺 創太 氏
HONEYCON創業者|Web3Girls創業者:たぬきち 氏
講師 アステリア株式会社 ブロックチェーンエバンジェリスト:奥 達男

 

<登壇者プロフィール>

  • Astar Network ファウンダーStake Technologies CEO 渡辺 創太

日本発パブリックブロックチェーンAstar Networkファウンダー。STAKE TECHNOLOGIES Pte Ltd CEO。日本ブロックチェーン協会理事や丸井グループ、GMO Web3、電通 web3 Clubなどのアドバイザーを務める。2022年、Forbes誌の選出するテクノロジー部門アジアの30歳以下の30人に選出。

  • HONEYCON創業者/Web3Girls創業者 たぬきち

BluechipParty共同創業者。IVS Crypto公式アンバサダー。 Twitterを中心にWeb3・NFTの情報発信を行う。Blue Chip NFTホルダー限定イベントや音楽NFTイベントをはじめとした多数のWeb3IRLイベントの主催、登壇をしながら、コミュニティでも幅広く活動する。2022年8月、Web3業界で活躍する、または働きたい女性を支援するためのWeb3Girlsを発足。2022年10月、日本最大級のカンファレンスHONEYCONを立ち上げ、50以上ものスポンサーやパートナーを国内外から集める。

  • アステリア(株) ブロックチェーンエバンジェリスト・コンサルタント 達男

ブロックチェーン技術の啓発及び技術適用された事業モデルの創生・推進、コンサルティング、提案、POC、技術の講義、サービス構築や他社主催セミナーへの登壇などを担う。一般社団法人ブロックチェーン推進協会(BCCC)にて、トークンエコノミー部会部会長、ブロックチェーンエバンジェリストを務める。

—————————————————————————————————————————————-
※1: インターネットの新たな形を表す概念で、次世代の分散型インターネットの総称。「Web3.0(ウェブサンテンゼロ)」とも呼ばれる。
※2: 「Non-Fungible Token(非代替性トークン)」の略称で、ブロックチェーン技術を用いて複製・偽造の不可能にした唯一無二のデジタルデータ。
※3: 「Decentralized Finance」の略称で、ブロックチェーン上に構築された分散型金融システム。金融機関を
介さずに無人で金融取引を行う仕組み。
※4: 「Decentralized Autonomous Organization(分散型自律組織)」の略称。ブロックチェーン上で世界中の人々が協力して管理・運営される組織。
※5:2022年6月7日内閣府発表 https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/cabinet/2022/decision0607.html
—————————————————————————————————————————————-
■『アステリア株式会社』について( Webサイト https://www.asteria.com/ )
1998年に創業し、2002年に最初のノーコード製品の提供を開始したアステリア株式会社(当時インフォテリア株式会社)は、企業内の多種多様なコンピューターやデバイスの間を接続するソフトウェアやサービスを開発・販売しています。主力製品のASTERIA Warpは、異なるコンピューターシステムのデータをノーコードで連携できるソフトウェアで、大企業、中堅企業を中心に9,809社(2022年9月末現在)の企業に導入されています。また、Handbookは、営業資料や商品カタログ、会議資料などあらゆる電子ファイルをスマートフォンやタブレットで持ち運べるサービスのスタンダードとして、1,670件(2022年9月末現在)の企業や公共機関で採用されています。
——————————————————————————————————————————————

アステリア、ASTERIA、Handbookはアステリア株式会社の登録商標です。
本文中の商品名は、各社の商標または登録商標です。

 

アステリア株式会社のストーリー

もっと見る

 

 

 

Content retrieved from: https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000304.000010008.html.

タイトルとURLをコピーしました