【相模原市】株式会社クラスとSDGsの推進に向けた連携協定を締結

【相模原市】株式会社クラスとSDGsの推進に向けた連携協定を締結

家具・家電のサブスクリプションサービスの利用で循環型社会の実現へ

相模原市

2022年12月6日 11時30分

相模原市は、家具・家電・ベビー用品等がレンタルできるサブスクリプションサービス「CLAS(クラス)」を展開する株式会社クラスと「SDGsの推進に向けた連携協定」を締結しました。
2022年6月より「さがみはらSDGsパートナー」となった同社との連携を深め、さらなるSDGsの推進と、持続可能な循環型社会の実現を目指します。

(左)株式会社クラス 代表取締役社長 久保裕丈様、(右)本村賢太郎 相模原市長(左)株式会社クラス 代表取締役社長 久保裕丈様、(右)本村賢太郎 相模原市長

  • 「SDGsの推進に向けた連携協定」について

締結日
2022年12月6日(火)

主な連携事項
・廃棄物の削減に関すること
・循環型社会の推進に関すること
・森林資源の活用に関すること
・地域経済の振興に関すること
・サーキュラーエコノミーの普及に関すること

具体的な取組
相模原市民や市内事業者を対象に、「CLAS(クラス)」の月額利用料金を5%割引
「CLAS」の月額利用料金を割引することで、本市における家具・家電等のサブスクリプションの利用を促進し、廃棄物の削減につなげます。また、この月額利用料金の一部を株式会社クラスより本市の森林保全の取組に対して寄附いただき、間伐や枝打ちなどに活用します。

▼詳細は相模原市SDGs特設サイトをご覧ください
https://sdgs.city.sagamihara.kanagawa.jp/clas/

  • CLAS(クラス)について

「CLAS(クラス)」は、月々440円(税込)から家具・家電の利用・交換ができるサブスクリプションサービスです。「“暮らす”を着替える」をコンセプトに、個人・法人向けに、変化に応じた“最適空間”を提供。ライフスタイルに合わせて必要なときに必要なものをレンタル、不要になったら返却することで、より自由で手軽に家具・家電の導入が可能です。
SDGsの目標12「つくる責任 つかう責任」の達成に向け、循環型でサステナブルな「ものを捨てない社会づくり」の実現を目指しています。

  • 株式会社クラスについて

代表者:代表取締役社長 久保 裕丈
所在地:東京都目黒区青葉台4-6-6 青葉台スタジオ2F
事業内容:家具・家電のサブスクリプションサービス「CLAS(クラス)」の運営
https://clas.style/company.html

  • 相模原市のSDGsの取組

◇相模原市SDGs特設サイト
https://sdgs.city.sagamihara.kanagawa.jp/

◇さがみはらSDGsパートナーについて
https://sdgs.city.sagamihara.kanagawa.jp/partner/

 

 

 

 

 

 

 

相模原市のストーリー

もっと見る

 

 

 

Content retrieved from: https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000153.000072959.html.

タイトルとURLをコピーしました