【調査結果速報】来期(2023年5月以降)の海上コンテナ運賃に関するアンケート調査レポートを公開します | 物流時コンサルの船井ロジ

【調査結果速報】来期(2023年5月以降)の海上コンテナ運賃に関するアンケート調査レポートを公開します | 物流時コンサルの船井ロジ

物流コンサルの船井総研ロジ

2022年12月22日 08時00分

ロジスティクス・物流コンサルティングサービスを提供する船井総研ロジ株式会社(東京本社:東京都千代田区、代表:菅重宏、以下「船井総研ロジ」)は、小売業、卸売業、製造業、物流子会社を対象にしたオンライン無料セミナー「今年もやります!2023年海上コンテナ運賃大胆予測」を2022年12月9日(金)に開催し、参加者に独自でアンケートを実施しました。

『来期(2023年5月以降)の海上コンテナ運賃』についての調査レポートを公開します。
また、セミナーレポートも合わせて掲載しておりますので、ぜひ事業にお役立てください。

  • アンケート実施内容

当セミナー参加申し込みは411人、314社
314社の内訳は、荷主企業270社、物流子会社33社、物流企業・物流関連企業8社、その他 企業3社であり、約9割の参加申込者が荷主企業であった。

【アンケート項目】
1:​「来期(2023年5月以降)の北米向け輸出貨物量の増減予測」に対する回答
2:「来期の北米向け輸出運賃交渉開始時期」に対する回答
3:「来期の北米向け輸出において年間契約(サービスコントラクト)で、確保する予定物量(全体物量の何%か)」 に対する回答

■1:「来期(2023年5月以降)の北米向け輸出貨物量の増減予測」に対する回答

• 北米向け輸出貨物量は「横ばい」が最も多く、回答者の34%であった
• 「増加」予測、「減少」予測はいずれも全体の24%であった

※「北米向け輸出貨物の取扱なし」、「回答権限なし」は回答者から除外している

■2:「来期の北米向け輸出運賃交渉開始時期」に対する回答 

 

• 北米向け輸出運賃交渉開始月は「2023年3月」が最も多く、回答者の10.2%であった
• 交渉時期の回答全体では「不明」が最も多く、回答者の12.2%であった

※「北米向け輸出貨物の取扱なし」1、「回答権限なし」は回答者から除外している

■3:「来期の北米向け輸出において年間契約(サービスコントラクト)で、確保する予定物量(全体物量の何%か)」 に対する回答

 

• 来季の北米向け輸出において年間契約で確保する予定物量は、偏りなく分散している
• 「不明」が最も多く、回答者の50%であった

※「未回答」、「回答権限なし」は回答者から除外している

また、今回のセミナーレポートをwebサイトに掲載しておりますので、ぜひ合わせてご覧くださいませ。

2023年海上コンテナ運賃大胆予測セミナー
「海上輸送市況について詳しく知りたい」「2023年の北米航路動向・海上運賃予測について聞きたい」そのような小売業、卸売業、製造業、物流子会社様に向けて、12/9にオンラインで開催いたしました。
レポートはこちらhttps://logiiiii.f-logi.com/report/seminar_report/marine-container-freight/

  • 会社紹介

会社紹介船井総研ロジについて
物流・ロジスティクス領域において、戦略・戦術の策定から実行までを一貫してサポートする日本最大級の総合物流コンサルティング会社。荷主企業・物流企業双方への豊富な支援実績をもとに、本質レベルでお客様の課題を解決する実行型コンサルティングを行う。物流に特化したコンサルティング・コミュニティ・ネットワーク・データベースを4軸に、お客様が必要とする「ロジスティクスソリューション」をワンストップで提供している。

会社概要
本社:〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル 22階(東京本社)
代表者:代表取締役 菅 重宏
設立:2000年5月10日
資本金:9,800万円
TEL:0120-659-456
MAIL:marketing@f-logi.com
WEB:https://www.f-logi.com/

 

物流コンサルの船井総研ロジのストーリー

もっと見る

 

 

 

Content retrieved from: https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000386.000059144.html.

タイトルとURLをコピーしました