日本のスタートアップの約半数がデザイン業務を内製化 − D4V、スタートアップにおけるデザインの実態を調査

日本のスタートアップの約半数がデザイン業務を内製化 − D4V、スタートアップにおけるデザインの実態を調査

153社の経営層が回答、成長ドライバーとしての期待広がるも採用・運用に課題

D4V

2022年12月20日 15時10分

ベンチャーキャピタルのD4V(Design for Ventures、本社:東京都港区、CEO:高野 真、以下「当社」)は本日、日本国内のスタートアップにおけるデザインの活用・運用の実態調査に基づくレポート「Design in Japanese Start-ups 2022」(以下、レポート)を発表しました。

レポートでは上場前のスタートアップ約150社に所属する経営層の調査回答をもとに、国内スタートアップにおけるデザイン人材の雇用状況や役割、デザインを実務に取り入れるうえでの困難などを取りまとめ、専門家の知見や取り組み方のヒントと共に紹介しています。

レポート(PDF)のダウンロードは以下の特設ページから▼

D4V Design in Japanese Start-ups 2022D4V Design in Japanese Start-ups 2022

特設ページ:https://d4v.com/jp/design-in-japanese-startups
(英語版:https://d4v.com/design-in-japanese-startups)

  • 調査実施とレポート公開の背景

デザインやユーザー体験を重視したプロダクトの成功や、デザイナー採用市場の活況は、 日本のスタートアップでデザイン人材の活躍が広がっていることを示唆しています。一方、スタートアップにおけるデザイナーの雇用状況や担っている役割の実態について、現況を俯瞰する情報が不足していました。

当社は経営とデザインの両面でスタートアップの成長を支援するベンチャーキャピタルとして、スタートアップの経営者とデザイナー双方に役立つ情報の提供を目的に「Design in Japanese Start-ups 2022」のアンケート調査を実施しました。国内外の専門家へのインタビュー内容や、当社に蓄積したスタートアップおよびデザイン実務に関する知見と共に、調査結果をレポートに取りまとめています。本レポートが、デザインの力を最大限に活用しようとするすべてのスタートアップ企業を後押しし、取り組みの指針となることを目指しています。

  • 「Design in Japanese Start-ups 2022」調査概要

153 件の回答を、日本を拠点とする未上場のスタートアップ企業(ステージ問わず)の経営・マネジメント層から回収

調査方法:オンラインフォーム記入によるアンケート
調査実施時期:2022年8月
調査の設計・配布・実施: D4V

  • 調査結果の概要

調査の結果からは、優れたデザインと優れたユーザー体験が多くの製品の成功に不可欠であるという認識が日本の起業家の間で広まっている現状とともに、デザイナーとその役割に対する幅広い期待が見られました。一方で、日本のスタートアップがデザイナーを採用し、組織機能の1つとしてデザインを組み込み、成長させていく道のりには、採用をはじめとする多くの困難や試行錯誤が伴う実態も明らかになりました。

ー 6つのKey Insight ー

 

  1. 日本のスタートアップの約半数がデザイン業務を内製化している(図1):  副業・パートタイムを含め、デザイナーを1人以上雇用し、デザイン業務の内製化に乗り出しているスタートアップ企業の割合は全体の57%
  2. 日本のスタートアップでは、シリーズAの調達までデザインチーム(社内に2人以上のデザイナーがいる体制)を組成しない会社が多数を占める:デザイナーが2人以上所属してデザインチームを組成している会社の割合は、シード・プレシリーズAまでのアーリー期には10%程度にとどまり、シリーズA以降のグロース期で半数近くにまで伸びる
  3. 日本のスタートアップにおいてデザイナーの貢献はブランディングとUI/UXが中心で、プロダクト戦略に関わる機会は限られている:自社デザイナーが担っている役割としてブランディング、UI・UXデザインを挙げるスタートアップ企業が90%を超える一方、プロダクト戦略や経営戦略といったビジネスのより上流にデザイナーが貢献している企業は大きく割合を下げる
  4. 日本の起業家の間で、ブランド構築から製品開発、顧客の獲得に至るまで、デザイナーがスタートアップの事業にもたらすポジティブな影響は幅広く認識されている (図2)
  5. 創業時にデザイナーが1人以上在籍している日本のスタートアップ企業は全体の5分の1:創業当時からデザイナーが在籍しているスタートアップは全体の20%。シード、プレシリーズAを合わせたアーリー期の採用が全体の約半数を占める
  6. 「採用」が日本のスタートアップがデザイン機能を強化するうえで最大の課題に  (図3)

 

図1:スタートアップにおけるデザイナーの雇用状況図1:スタートアップにおけるデザイナーの雇用状況

 

図2:スタートアップのにデザインがもたらす効果に対する認識図2:スタートアップのにデザインがもたらす効果に対する認識

図3:スタートアップがデザインに取り組むうえでの課題図3:スタートアップがデザインに取り組むうえでの課題

レポート全文はこちらよりダウンロードいただけます▼

https://d4v.com/jp/design-in-japanese-startups

  • D4V(Design for Ventures)について

D4V(Design for Ventures)は世界的なデザインファームのIDEOとパートナーシップを結び、シード・アーリーステージのスタートアップへの投資を中心に行う独立系べンチャーキャピタルです。業種・業界を問わず社会にインパクトをもたらすスタートアップに投資し、投資先企業には経営とデザインの知見を生かしたハンズオン支援を提供しています。2021年より、スタートアップでの活躍を目指すデザイナー向けコミュニティ「Startup First Designer Program」を運営。

 

2022年11月30日、54億円で2号ファンドのファイナルクローズを発表 ▼

D4Vが2号ファンドを総額54億円でクローズ
D4Vのプレスリリース(2022年11月30日 09時00分)D4Vが2号ファンドを総額54億円でクローズ

■D4V合同会社 概要
本社    :東京都港区北青山3丁目5−29 One Omotesando 7階
代表者   :CEO 高野 真
設立日   :2016年10月
ウェブサイト:https://d4v.com/jp

 

D4Vのストーリー

もっと見る

 

 

 

Content retrieved from: https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000033616.html.

タイトルとURLをコピーしました