国内初の環境配慮型キャップシール ~廃棄物を活用した素材でCO2排出量を36%削減~「卵殻キャップシール」

国内初の環境配慮型キャップシール ~廃棄物を活用した素材でCO2排出量を36%削減~「卵殻キャップシール」

甲子化学工業株式会社

2022年12月6日 05時39分

甲子化学工業株式会社(本社:大阪府大阪市)は、エア・ウォータ株式会社(本社:大阪府大阪市)と共同で環境配慮型のLPガスボンベ キャップシールを開発しました。2023年2月より、LPガス事業者の扱う使い捨てキャップを新型キャップに順次切り替えていく予定です。これにより、年間のプラスチック使用量を50%削減し、CO2排出量を36%削減することが可能になります。

キャップシールはガスボンベのガス充填口(バルブ)をカバーするもので、ガス充填完了の目印や異物侵入防止を目的に、LPガス事業者で多く利用されています。このたび、キャップシールの設計を見直し、また廃棄素材を活用することで、環境配慮型キャップシールの開発に成功しました。素材には廃棄された卵殻および家電リサイクルプラスチックを活用しており、CO2排出量を削減するだけでなく、ごみの削減およびリサイクルの促進といった、循環型社会の実現に貢献する取り組みです。

国内初の環境配慮型キャップシール
~廃棄物を活用した素材でCO2排出量を36%削減~
卵殻キャップシール

甲子化学工業株式会社(本社:大阪府大阪市は、エア・ウォータ株式会社(本社:大阪府大阪市)と共同で環境配慮型のLPガスボンベ キャップシールを開発しました。20232月より、LPガス事業者の扱う使い捨てキャップを新型キャップに順次切り替えていく予定です。これにより、年間のプラスチック使用量を50%削減し、CO2排出量を36%削減することが可能になります。

キャップシールはガスボンベのガス充填口(バルブ)をカバーするもので、ガス充填完了の目印や異物侵入防止を目的に、LPガス事業者で多く利用されています。このたび、キャップシールの設計を見直し、また廃棄素材を活用することで、環境配慮型キャップシールの開発に成功しました。素材には廃棄された卵殻および家電リサイクルプラスチックを活用しており、CO2排出量を削減するけでなく、ごみの削減およびリサイクルの促進といった、循環型社会の実現に貢献する取り組みです

 

LPガスボンベ置場LPガスボンベ置場

 

新型 キャップシール新型 キャップシール

 

 

  • 卵殻キャップシール

卵殻プラスチックは、廃棄物である卵殻をリサイクルプラスチックに混ぜた「エコプラスチック」です。石油資源由来プラスチック(ポリプロピレン)の使用量削減とともに、廃棄物の再利用により環境保護につながるため、注目を集めています。国内では1年間に26万トン卵殻が廃棄され、その大半が産業廃棄物として処分されています。同様にプラスチックも大量に廃棄されており、各家庭から廃棄される家電からは、年間12万トンのプラスチックが回収されています。現状は、各廃棄物が100%再生利用されずに単純焼却や埋立処分されています。今後の循環型社会の実現を考えた際、「廃棄物の再生利用」は国内の喫緊な課題です。

旧型 キャップシール 拡大旧型 キャップシール 拡大

新型 キャップシール 拡大新型 キャップシール 拡大

このたび共同開発した卵殻キャップシールは、経済性と環境性を両立させています。
経済性:キャップシールの必要数が1/5
従来の使い捨てが前提の設計を見直し、複数回の利用が可能な構造に変更。
環境性:CO2排出量36%削減, ごみの削減
廃棄卵殻を50%含有することで、プラスチックの使用量を削減し、CO2排出量を削減。

  • 今後の展開

エア・ウォーターグループでは100拠点以上の営業ネットワークを有する北海道を中心に、家庭用・業務用など約50万軒の供給先に「ハローガス」のブランドでLPガスを販売しており、キャップシールを年間約150万個使用しています。
「卵殻キャップシール」に切り替えることで、使用数は従来の5分の1となる30万個程度と大幅な削減が可能となります。
また、今後はホタテや牡蠣の殻といった卵殻以外の原料使用も検討していきます。家電リサイクルプラスチックの供給は、エア・ウォーターグループで廃木材、廃プラスチックを原料とした人工再生木材「エコロッカ」を製造する、エア・ウォーター・エコロッカ株式会社より継続して供給を受けます。​

  • CO2排出量/プラスチック使用量 削減効果の算出について

新旧比較 キャップシール新旧比較 キャップシール

■1)CO2排出量 削減効果

Co2排出量

[/kg]

キャップ重量

[g]

使用

回数

CO2排出量

[kg-CO2/kg]

CO2排出量削減効果
既存キャップシール 6.9 0.4 3 0.92
【新型】卵殻キャップシール 4.4 2.0 15 0.59 0.33(36%削減)

※輸送工程は省略しています

■2)プラスチック使用量 削減効果

 

キャップ重量

[g]

使用

回数

プラスチック含有量 プラスチック使用量

[/回]

プラスチック使用量

 

既存キャップシール 0.4 3 100% 0.13
【新型】卵殻キャップシール 2.0 15 50% 0.07 0.07(50%)削減)

 

 

  • SDGs目標

国連サミットで採択された2030年までの持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けた取り組みを進めています。今回の取り組みは、下記の開発目標に該当します。

 

 

 

  • 問い合わせ先

甲子化学工業株式会社 広報 E-mail:press_01@koushi-chem.co.jp
担当:南原 TEL:050-3695-1808 〒578-0984 大阪府東大阪市菱江2-5-14

 

 

 

甲子化学工業株式会社のストーリー

もっと見る

 

 

 

Content retrieved from: https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000111340.html.

タイトルとURLをコピーしました