なぜ部下がつぎつぎと辞めてしまうのか? マネジメントに悩むすべてのリーダーへ。     『17万人のAI分析でわかった最強チームの条件を一冊にまとめてみた』発売!(12/17日発売)

なぜ部下がつぎつぎと辞めてしまうのか? マネジメントに悩むすべてのリーダーへ。     『17万人のAI分析でわかった最強チームの条件を一冊にまとめてみた』発売!(12/17日発売)

17万人の行動データ分析でわかった「社内コミュニケーションの正解」

株式会社 大和書房

2022年12月15日 09時10分

株式会社大和書房(本社:東京都文京区、代表取締役:佐藤 靖)は『17万人をAI解析してわかった 最強チームの条件を一冊にまとめてみた』(越川 慎司 著)を2022年12月17日に発売いたします。
  • 「困難を乗り越える組織」が実践する「社内コミュニケーション」の成功パターン!

近年、社内コミュニケーションに悩むリーダーが増加傾向にあります。
若手との価値観のズレ、リモートワークによる物理的な距離など、すれ違いの要因はさまざま。

多様化した価値観の時代に「困難を乗り越える組織」をつくるには、どうすればいいのでしょうか?
著者・越川慎司氏は815社、のべ17万人の働き方に変革をもたらした「社内コミュニケーションのプロ」。

AIを駆使して導き出した「最強チームをつくるコミュニケーションの秘訣」を語ります。

 

◎「失敗会議は、上司が『7割以上』話している」

◎「エース社員が必ず実践している『ほめ方』ベスト3」

◎「ビル・ゲイツも採用していた魔法の『ペライチ資料』

部下や上司との話し方・聞き方、生産性のある会議の運営、伝わるプレゼンの方法……。

チームの雰囲気がガラリと変わり、結果につながるテクニックが満載

【目次】
第1章 世界一「コミュ力」が低い日本企業
第2章 「成功組織」のコミュニケーション 7つの原則
第3章 できる社員が実践する「人を動かす技術」
第4章 強いチームをつくる「コミュニケーション」のコツ

【著者略歴越川 慎司(こしかわ しんじ)
株式会社クロスリバー代表取締役、アグリゲーター。株式会社キャスター執行役員。1996年に日本電信電話株式会社(現NTT)に入社し、営業と人事を経験。2001年、外資通信会社に入社したものの9カ月で破産。02年、WebExに参画、Web会議サービスでトップシェアを獲得。05年、マイクロソフト入社、最高品質責任者、業務執行役員などを経験。17年、クロスリバーを設立、全メンバーが週休3日・複業・リモートワークで、オンライン講座やコンサルティングを提供。巻込力やパワポ作成術、会議ファシリテーション術などコミュニケーションに関する企業向けオンライン講座は受講生の満足度が高く平均94%。著書21冊、ベストセラーとなった『AI分析でわかったトップ5%社員の習慣』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)など。

 

【書籍概要】

書名:17万人をAI分析してわかった

最強チームの条件を1冊にまとめてみた
著者:越川 慎司
出版年月日:2022/12/17
判型・ページ数:四六版・264ページ
定価:1650円(税込)
発行元:株式会社大和書房 https://www.daiwashobo.co.jp

 

 

 

株式会社 大和書房のストーリー

もっと見る

 

 

 

Content retrieved from: https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000443.000033602.html.

タイトルとURLをコピーしました