東京ドーム×吉本興業グループによる“演劇と演芸”の新たな拠点となる新劇場の建設を決定「文の京(ふみのみやこ)」東京・文京区にて2023年12月開業予定

東京ドーム×吉本興業グループによる“演劇と演芸”の新たな拠点となる新劇場の建設を決定「文の京(ふみのみやこ)」東京・文京区にて2023年12月開業予定

株式会社東京ドーム

2022年12月12日 15時13分

 株式会社東京ドーム(所在地:東京都文京区、代表取締役社長 COO:長岡 勤)は、吉本興業ホールディングス株式会社(所在地:大阪市中央区、代表取締役社長CEO:岡本昭彦)のグループ企業である株式会社LIVE FORWARD(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:内田久喜)と提携し、「東京ドームシティ」内に、新たに劇場(名称未定)を建設することを決定し、本日着工いたしましたのでお知らせします。

新劇場は、JRおよび都営三田線水道橋駅至近の好立地に位置し、ニーズの高い約700席規模の観客席数を予定しています。演劇や演芸等に精通した観客、および制作者双方の目線で設計された劇場設備が、充実した劇場体験をお約束するとともに、オンライン配信にも幅広く対応いたします。また、劇場の運営は、2022年に創業110周年を迎え、劇場運営のノウハウを持つ吉本興業ホールディングスのグループ企業であるLIVE FORWARDが担います。

 歴史と文化と緑に育まれた文京区の新たなるエンターテインメント発信拠点として、さまざまなエンタメの制作者やパフォーマーの方々に開かれた、かつ新たな創造意欲を刺激するような劇場を目指してまいります。

  • 新劇場 イメージ

〇デザインコンセプト:スポットライトに包まれる舞台が作る「感動」「声援」「笑顔」 を、内外装ともにカラフルなロープワークをメインに表現し、劇場全体でワクワク感を感じられる演出をしています。

※画像は想定イメージ

〇内観

〇客席・舞台

※画像は想定イメージ

  • 新劇場 概要(予定)

〇名称: 未定
〇HP: http://tokyodomecity-gekijo.jp/
〇所在地: 東京都文京区後楽1丁目3番53号
〇敷地面積: 1,692.49㎡(約511.98坪)
〇構造・規模: 鉄骨造、地上2階
延床面積1,754.79㎡(約530.82坪)
〇席数: 709席(車いす席含む)
〇舞台: プロセニアム形式
[舞台間口] 幅 約12m(7間)×高さ 約7m(24尺)
[奥行き] 約11m(約6.5間) [スノコ高さ] 約14m
〇設計・施工: 株式会社竹中工務店
〇デザイン監修: 株式会社ホシノアーキテクツ
〇運営: 株式会社LIVE FORWARD https://liveforward.co.jp/
(吉本興業ホールディングス株式会社 グループ企業)
〇今後のスケジュール: 2022年12月12日 着工
2023年11月10日 竣工(予定)
2023年12月下旬 開業(予定)

■詳細プレスリリースはこちらからダウンロード可能です。
https://prtimes.jp/a/?f=d77656-20221212-327bb3b65d180a0150ef8cfcaea53066.pdf

 

株式会社東京ドームのストーリー

もっと見る

 

 

 

Content retrieved from: https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000124.000077656.html.

タイトルとURLをコピーしました