【JMCシリーズ最新ランキング 女子】MGC出場権を持つ川内理江が安定した走りを見せ、ランキングトップにランクイン!

【JMCシリーズ最新ランキング 女子】MGC出場権を持つ川内理江が安定した走りを見せ、ランキングトップにランクイン!

公益財団法人日本陸上競技連盟

2022年12月7日 20時05分

12月4日(日)にジャパンマラソンチャンピオンシップシリーズ(JMCシリーズ)のシリーズⅡ(第2期女子2戦)グレードⅢとして開催された「第53回防府読売マラソン大会」が終了。

JMCシリーズⅡポイントランキングには、すでにMGC出場権を獲得しており、本大会で2位に入った川内理江(大塚製薬)が条件を満たし1位にランクイン。

1月にはJMCシリーズⅡ第2期では初めてとなるグレード1の「第42回大阪国際女子マラソン大会」が予定されており、ランキングの変動にも注目。

  • <JMCシリーズⅡポイントランキング トップ8>

※2022年12月5日現在

▼その他の順位、各選手のポイント詳細はJMCシリーズ特設サイトでチェック!
https://www.jaaf.or.jp/jmc-series/series2/ranking/

  • <ポイントランキングによる獲得権利&賞金>

①シリーズⅡ終了時(2023年3月 対象大会終了時点)のポイントランキング1位(シリーズチャンピオン)は、第106回日本陸上競技選手権大会優勝者となります。

②同シリーズチャンピオンは、2023年8月開催の「ブダペスト2023世界陸上競技選手権大会」のマラソン日本代表に内定します。

③同シリーズチャンピオンには660万円、ポイントランキング2位の競技者には330万円、3位の競技者には165万円の賞金が贈られます。

④シリーズⅡ終了時のポイントランキング上位8名は、MGC出場権を獲得します。

  • <第53回防府読売マラソン大会ランキング トップ8>

※「パフォーマンスポイント」は、ワールドアスレティックス(WA)のスコアリングテーブルを基に算出する「記録ポイント」と、大会のグレードやWAラベルなどによって得点が異なる「順位ポイント」を合算したものです。

※ 「順位ポイント」 は、JMCシリーズの加盟大会においては、日本人のみの順位が適用されます。海外のWAラベル大会においては海外選手を含む順位、日本代表派遣大会では、オリンピックおよび世界選手権と、アジア大会およびアジア選手権のカテゴリーに分けられ、順位ポイント、基礎ポイントなどが異なります。

※当大会は、シリーズⅡ(第2期)加盟大会グレード1です。

※第2期は、シリーズⅡの当該期、シリーズⅢの直前期です。

JMCシリーズのポイント制については以下ページをご覧ください。
https://www.jaaf.or.jp/jmc-series/series2/outline/point.html

MGCへの進出条件については以下ページをご覧ください。
http://www.mgc42195.jp/news/article/15646/

  • 今後のシリーズⅡ加盟大会日程

<女子>
2023年

1月29日(日) G1 第42回大阪国際女子マラソン
2月26日(日) G2 大阪マラソン2023
3月5日(日) G1 東京マラソン2023
3月12日(日) G1 名古屋ウィメンズマラソン2023
3月19日(日)G3 とくしまマラソン2023
※JMCシリーズⅡ対象期間:2021年11月~2023年3月

<参考>
■JMCシリーズ特設サイト

https://www.jaaf.or.jp/jmc-series/

■JMCシリーズポイントランキング
https://www.jaaf.or.jp/jmc-series/series2/ranking/

■「ブダペスト2023世界陸上競技選手権大会」選考要項
https://www.jaaf.or.jp/files/upload/202209/27_174914.pdf

■【ブダペスト世界選手権への道】参加資格有資格者一覧
https://www.jaaf.or.jp/news/article/17055/

■MGC特設サイト
http://www.mgc42195.jp/

■「第53回防府読売マラソン大会」大会ページ
https://www.jaaf.or.jp/competition/detail/1683/

 

 

 

公益財団法人日本陸上競技連盟のストーリー

もっと見る

 

 

 

Content retrieved from: https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000267.000025141.html.

タイトルとURLをコピーしました