アステュート・アナリティカ プレスリリース】2022年の会議室ソリューション市場の需要を把握するための調査を実施しました。

アステュート・アナリティカ プレスリリース】2022年の会議室ソリューション市場の需要を把握するための調査を実施しました。

Astute Analytica

2023年1月20日 21時58分

会議室ソリューションの需要は、情報技術 および通信、教育、ヘルスケア業界の成長によって増加する傾向にあります。

調査概要:

調査期間 : 2022 年 9 月 1 日~12 月 15 日

調査機関 :

調査委託先 :  株式会社 アステュート・アナリティカ

自社調査

調査対象 : この調査は、世界中のあらゆる規模の組織のリーダー 890人を対象に行われました。

有効回答数 : (890人)

調査方法 : 電話調査300人、インターネット調査590人

調査回答者: 調査は、収益に基づいて企業間で実施されました。

調査結果 :

質問:コンポーネントに基づいて、どのセグメントが会議室ソリューション市場をリードしていますか?

コンポーネント セグメントのハードウェアは、2022 年の世界の会議室ソリューション市場で 74.76% という大きなシェアを占めました。これは、会議室では様々なデバイスや機器が実質的に使用されており、会議やトレーニング、その他いくつかの目的を実施するために本質的に必要とされているためです。

質問:エンタープライズ規模に基づいて、どのセグメントが会議室ソリューション市場をリードしていますか?

大企業や有名企業は、毎日または定期的に会議や電話会議を行って、遠隔地の関係者と会い、顧客との会議、定期的なチーム会議、プロジェクト会議と最新情報、トレーニング クラス、またはセールス プレゼンテーションを実施しています。 また、他の場所で働く従業員とのコミュニケーションにも使用できます。 したがって、エンタープライズに基づいて、大規模エンタープライズは、さまざまな会議室ソリューションを使用するために、2022 年に 58.82% の最高の市場シェアを占めます。

質問:会議室ソリューション市場において、どのタイプの会議室がより多くのシェアを獲得していますか?

組織には、中小規模のハドルルームが2~3室、役員会や様々な用途に使える大規模な部屋が1~2室あります。中小型会議室は、4~8人程度の小規模な会議に適しており、71.18%と大きなシェアを占めています。

質問:会議室ソリューション市場でより多くの市場シェアを持っているのはどのエンドユーザーですか?

通信・情報業界では、高速接続性、信頼性、5G技術による帯域幅への影響、付加価値の高いマネージドサービス、顧客サービスの強化、エンドツーエンドソリューションへのニーズの高まりなどから、会議室ソリューションの大きな需要を牽引すると予想されます。

質問:会議室ソリューション市場を牽引する主な要因は何ですか?

ハイブリッド型の仕事は、ヘッドセット、スピーカーフォン、そしてパーソナルビデオソリューションの需要を促進しています:

  • パンデミック以来、多くの企業がハイブリッド在宅勤務モデルに移行し、状況が好転した現在でも、多くのオフィスが従業員の士気と生産性を高めるためにハイブリッドワードモデルを選択しており、オフィス機器および自宅にオフィスを設置するためのツールに対する需要を高めています。
  • 長時間労働に適した椅子の選択、チームのビデオ会議ソリューション、1対1のミーティングセッションのための高速インターネット接続など、コミュニケーション、エンゲージメント、タスク実行においてマイクロソフトチーム、ズーム、ハングアウトなどのソフトウェアに依存するようになりました。

会議室ソリューションを加速する技術的進歩:

急速に成長している世界的な市場において、会議室を利用する企業や個人を対象としたソリューションが、今後ますます増えていくことが予想されます。

ビデオ会議テクノロジーによるデータ侵害のリスクの増加:

ビデオ会議技術の利用が大規模に急増し、サービス提供数が急激に拡大し、それらに依存することでリスクやセキュリティに関する懸念が生じるのは当然のことであると考えています。

調査結論:

中小企業 (SME) は、ほとんどの経済、特に新興国の経済にとって非常に重要です。 中小企業は世界のほとんどの企業を構成し、雇用の創出と世界経済の拡大に重要な役割を果たしています。 彼らは世界の全雇用の 50% 以上を占め、全企業の約 90% を占めています。コワーキングで働くことは多くの利点があるため、コワーキング施設に対する需要は高まっており、ビデオ会議ソリューションも増加しています。

さらに、会議室ソリューションは、発展途上の技術とのより良いコラボレーションを可能にし、より強く興味深い顧客関係を成長させるので、中小企業にとって理想的なソリューションです。世界中の社宅で会議室が継続的に必要とされているのは、世界中の社宅の巨大な存在感が世界市場の成長に大きな影響を与えることが予想されるからです。

会議室ソリューション市場の大半の業界関係者は、会議室設置のための様々なサポートを顧客に提供しています。会議室デザイン、会議室アドバイス、会議室レンタルオプションなどです。

続きを読む:  https://bit.ly/3IZkRAL

私たちについて:
Astute Analyticaは、グローバルな分析・アドバイザリー会社であり、お客様に提供してきた具体的な成果により、短期間で確固たる評価を得てきました。私たちは、様々な業種の非常に要求の多いお客様のために、他に類を見ない深く正確な見積もりや予測を作成することに誇りを持っています。当社には、テクノロジー、ヘルスケア、化学、半導体、FMCGなど、さまざまな分野のお客様にご満足いただき、リピートしていただいているお客様のリストがあります。これらのお客様は、世界各地から当社を訪れます。その理由は、複雑なビジネス環境、セグメント別の既存および新規の可能性、技術形成、成長予測、さらには利用可能な戦略的選択肢などを分析しているからです。要するに、完全なパッケージなのです。これは、ビジネスアナリスト、エコノミスト、コンサルタント、テクノロジーの専門家からなる、優秀で経最優先としています。私たちと一緒に仕事をすることになれば、費用対効果の高い、付加価値のある最高このプレスリリースこのプレスリリースには、メディ

 

Astute Analyticaのストーリー

もっと見る

 

 

 

Content retrieved from: https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000150.000087115.html.

タイトルとURLをコピーしました