【レポートオーシャンプレスリリース】2022年の塩素化ポリ塩化ビニル市場の市場の状況を把握するための調査を実施しました。

【レポートオーシャンプレスリリース】2022年の塩素化ポリ塩化ビニル市場の市場の状況を把握するための調査を実施しました。

Report Ocean

2023年1月14日 01時44分

大手企業のさまざまなCXOによると、塩素化ポリ塩化ビニル市場は、最終用途産業の成長や、多様な分野における多数のアプリケーションでのCPVCの使用増加などの要因によって牽引されています。

調査概要:

調査期間 : 2022年9月10日~12月15日

調査機関 :

調査委託先 :  株式会社 レポート オーシャン

自社調査

調査対象 : この調査は、世界中のあらゆる規模の組織のリーダー890人を対象に行われました。

有効回答数 : (890人)

調査方法 : 電話調査300人、インターネット調査590人

調査回答者: 調査は、収益に基づいて企業間で実施されました。

調査結果 :

質問:アプリケーションによって、塩素化ポリ塩化ビニル市場はどのように分類されますか?

用途別に、パイプ・フィッティング、スプリンクラー・システム、電力ケーブル・ケーシング、接着剤・コーティング、その他に分類されます。

2022年の世界の塩素化ポリ塩化ビニル市場では、パイプ・フィーティング部門が収益の面で最大のシェアを占めています。

質問:塩素化ポリ塩化ビニル市場で最もシェアが高いのはどのエンドユーザーですか?

エンドユーザー産業別では、建設、化学、電気・電子、ヘルスケア、農業、その他に分類されます。

建設セグメントは、2022年の収益の面で、世界の塩素化ポリ塩化ビニル市場で最大のシェアを占めました. 塩素化ポリ塩化ビニル(CPVC)の需要は、建設業界の上昇のおかげで成長を遂げています。建設業界の成長は、インドや中国などの急速に成長する経済と相まって、人口の急増と、新興経済国の一人当たりの所得の増加に起因しています。

質問:塩素化ポリ塩化ビニル市場を牽引する主な要因は何ですか?

CPVC スプリンクラーシステムは、学校、オフィスなどの高層ビル、寮、教会、病院、その他多数の施設での使用が承認されています。 さらに、塩素化ポリ塩化ビニル(CPVC)は耐腐食性接着剤とコーティング剤の製造にも使用することができます。

近年、塩素化ポリ塩化ビニルは、溶解性、電気絶縁性、熱可塑性、耐食性、耐水性といった優れた特性を持つことから、接着剤やコーティング剤などの業界で需要が増加しています。

さらに、塩素化ポリ塩化ビニル(CPVC) は ポリ塩化ビニル(PVC) よりも耐熱性が高いため、さまざまな商業用および産業用アプリケーションで役立ちます。 建築および建設プロジェクトの急増による可処分所得の増加により、世界中で接着剤およびコーティングの需要が増加しています。 一部の企業は、溶解性、電気絶縁性、熱可塑性、耐食性、および耐水性に優れた CPVC を提供しています。

また、ポリ塩化ビニル(PVC)よりもケトン類、エステル類、芳香族炭化水素などの有機溶剤に溶解しやすいです。そのため、接着剤やコーティング剤の製造に広く使用されています。

調査結論 :

また、アジア太平洋地域は、パイプや フィッティング、スプリンクラー業界におけるCPVCの需要増加により、高い成長を記録すると予測され ています。この地域の塩素化ポリ塩化ビニル市場の成長は、建設や生産設備の増加にも起因しています。中国とインドは建設活動の増加により、市場の成長に大きく寄与しています。

それにもかかわらず、廃水処理の需要の増加と、廃水処理プロセス中に使用されるさまざまな積極的な化学物質に対するCPVCの耐性は、塩素化ポリ塩化ビニル市場の成長に有利な機会を生み出すと予想されます。

続きを読む: https://bit.ly/3CKooPr

私たちに関しては:

私たちは業界で最高の市場調査レポートプロバイダーです。 Report Oceanは、今日の競争の激しい環境で市場シェアを拡大するトップラインとボトムラインの目標を達成するために、クライアントに品質レポートを提供することを信じています。 Report Oceanは、革新的な市場調査レポートを探している個人、組織、業界向けの「ワンストップソリューション」です。

 

Report Oceanのストーリー

もっと見る

 

 

 

Content retrieved from: https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000005964.000067400.html.

タイトルとURLをコピーしました