全国5〜84歳が 1446通り のSDGs発信!マンガ/川柳/レポート展覧会を【リビエラ逗⼦マリーナ】で 2/4〜26に開催!2/5は神奈川県知事、各市長らも参加する授賞式やZ世代とシンポジウム開催

全国5〜84歳が 1446通り のSDGs発信!マンガ/川柳/レポート展覧会を【リビエラ逗⼦マリーナ】で 2/4〜26に開催!2/5は神奈川県知事、各市長らも参加する授賞式やZ世代とシンポジウム開催

来場者が選ぶ「オーディエンス賞」新設。自分の“推し作品”を見つけて投票しよう!2/5(日)はエココンシャスで定評のあるリビエラ逗子マリーナの「SDGsバックヤードツアー」も開催。

リビエラグループ

2023年1月13日 22時49分

 

NPO法人リビエラ未来創りプロジェクト(神奈川県逗子市 理事長 渡邊華子、以下リビエラ)が主管する「リビエラSDGsアクション実行委員会」主催で、「私たちの未来や地球のために」をテーマに作品公募を行った「第3回リビエラSDGs作品・マンガ大賞」の作品を展示する展覧会を、今年もリビエラ逗⼦マリーナで2⽉4日(⼟)〜26⽇(⽇)の会期で開催します。また、受賞者への表彰を行う授賞式を、2月5日(日)に神奈川県知事、後援市町の市長・町長も参加して行います。

【公式サイト】https://www.riviera.co.jp/event/sustainability/sdgsfesconcours_03/

 新型コロナウイルス、ウクライナ侵攻をはじめとする軍事衝突、貧困、差別、食料をはじめエネルギーの安全保障や値上げ等、日々のニュースへの関心も高まる中、“誰も取り残さない”をモットーに公募した「第3回リビエラSDGs作品・マンガ大賞」には、5歳~84歳の北海道から沖縄までの35都道府県から、1446点の応募がありました。(昨年・第2回開催の応募総数は410点)
子どもからシニアまで世代を超えた熱い想い、そして豊かな感性で多様性あふれる唯一無二の素晴らしい作品があつまりました。2⽉4日(⼟)〜26⽇(⽇)を会期として、全作品(応募規定外作品は除く)の原画を展示公開します。
また、2月5日(日)には受賞者への表彰を行う授賞式の他、Z世代の声を聴く「Rネクストサミット」、ミニ・シンポジウム、エココンシャスとして定評のあるリビエラ逗子マリーナのSDGsバックヤードツアーも実施いたします。

川柳(654点)4コマ漫画(738点)レポート(54点)が届きました。

  • 「第3回リビエラSDGs作品・マンガ大賞展覧会」開催概要
    【会期】
    2023年2月4日(土)~2月26日(日)
    〈平 日〉開館11:00/閉館15:00
    〈土日祝〉開館11:00/閉館17:00
    ※閉場30分前まで入場可能
    ※日時指定登録が必須です
    ※授賞式は2月5日(日)
    ※平日は予約状況により承れない場合がございますので、あらかじめご了承ください。
    ※平日は予約した時間以外は入館できません。

    【会場】
    リビエラ逗子マリーナ / リビエラプラザ
    住所:神奈川県逗子市小坪5-23-16
    アクセス:https://www.riviera.co.jp/zushi/access/

    【入場料】
    ・一般:1,000円
    ・出展者本人:1回無料(招待状ご持参の方のみ)
    ・小学生以下:無料
    ・中・高校生:500円
    ・障がい者手帳をお持ちの方:500円
    ・障がい者手帳をお持ちの方の付き添い1名まで:500円

    ※入場料は当日受付で現金にてお支払いください。
    ※詳細注意事項は、公式HPを必ずご確認ください。
    公式HP:https://www.riviera.co.jp/event/sustainability/sdgsfesconcours_03/

「第2回リビエラSDGs作品・マンガ大賞」展示の様子「第2回リビエラSDGs作品・マンガ大賞」展示の様子

「第2回リビエラSDGs作品・マンガ大賞」観覧の様子「第2回リビエラSDGs作品・マンガ大賞」観覧の様子

 

 

 

 

  • 来場方法

事前に必ず日時指定を行ってください。

【土日祝日】
登録フォーム:https://select-type.com/ev/?ev=wucyreWUmGo
【平日】承認制
登録フォーム:https://select-type.com/ev/?ev=xLTLpBSowh0
※ご希望の日時を第3希望までご登録ください。
※本登録後、担当者からの連絡があるまで予約は確定していません。
※予約状況により承れない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

  • オーディエンス賞とは

今回新たに、来場者が選ぶ「オーディエンス賞」を設置しました。展覧会会場で心を打たれたお気に入りの一作品を見つけ、当日投票をお願いします。「オーディエンス賞」の発表は、展覧会の会期終了後、公式HPにて発表します。
※入場時に投票に参加できますが、1日1票限りです。

  • チャリティ募金

公募展「SDGs作品マンガ大賞」の持続可能な開催のため、ご支援をお願いいたします。皆さまの温かいご支援をお待ちしています。
募金をご希望の方には以下を手配いたします。
・HPの寄付者一覧へご芳名の掲載
・ご芳名付きで「作品出展者への応援」をHPに掲載し、オーディエンス賞へ加算
チャリティ募金はこちらから:https://select-type.com/ev/?ev=Qe9F87pGLqU
※チャリティ募金や入場料は、間接費用には使わず、作品募集や展覧会設営など社会貢献活動に100%全額を役立てます。

  • 授賞式「第3回リビエラSDGs作品・マンガ大賞」開催概要

開催日:2023年2月5日(日)
場 所:リビエラ逗子マリーナ内 リビエラプラザ
内 容:
・各受賞者への表彰
・記念撮影
・シンポジウム同時開催
賞:
・⼤賞
・神奈川県知事賞
・横浜市長賞
・豊島区⻑賞
・三浦市長賞
・横須賀市長賞
・葉⼭町⻑賞
・逗⼦市⻑賞
・鎌倉市⻑賞
・藤沢市長賞
・平塚市長賞
・豊島区教育委員会賞
・三浦市教育委員会賞
・横須賀市教育委員会賞
・葉⼭町教育委員会賞
・逗⼦市教育委員会賞
・鎌倉市教育委員会賞
・藤沢市教育委員会賞
・平塚市教育委員会賞
・一般社団法人江の島ヨットクラブ賞
・逗子マリーナヨットクラブ賞
・NPO法人葉山ヨットクラブ賞
・審査員特別賞 アサヒビール賞
・審査員特別賞 リビエラ賞
最新情報はこちら:https://www.riviera.co.jp/event/sustainability/sdgsfesconcours_03/

「第2回リビエラSDGs作品・マンガ大賞」授賞式の様子「第2回リビエラSDGs作品・マンガ大賞」授賞式の様子

  • 「リビエラ逗子マリーナSDGsバックヤードツアー」同時開催

開催日:2023年2月5日(日)
時 間:10:15 受付開始
10:30 リビエラ逗子マリーナSDGsバックヤードツアー 出発
12:00 終了予定
料 金:無料

18年前より行う「リビエラ循環野菜」を学ぶ様子18年前より行う「リビエラ循環野菜」を学ぶ様子

 

日本初・防波堤に設置した薄膜太陽光パネル日本初・防波堤に設置した薄膜太陽光パネル

日本初 マリーナ内でブルーカーボンや藻場再生日本初 マリーナ内でブルーカーボンや藻場再生

災害時にも配慮したMALIBU HOTELのV2Bエコシステム災害時にも配慮したMALIBU HOTELのV2Bエコシステム

 

 

 

 

 

 

 

  •  

    SDGs作品公募の背景
    今年も「リビエラSDGs作品・マンガ大賞(第3回)」を主催します。
    リビエラグループは2001年のマリーナ事業開始時より、気候変動についての課題認識を強く持ち環境保全活動をスタートし、2006年には環境・教育・健康医療(ウェルビーイング)を3つの柱とする「リビエラ未来づくりプロジェクト」を発足。18年にわたりサステナブルな活動に取り組んでいます。また「サステナブルムーブメント」を願いNPO法人を立ち上げ、2021年1月からハブとなって人と人をつなぎ、さまざまな取り組みを行う「リビエラSDGsフェス」を開催しています。
    「リビエラSDGsフェス」の一環で開催する公募展「リビエラSDGs作品・マンガ大賞」は、サステナブルムーブメントの連鎖の醸成・裾野を広げるべく継続しているアワードで、SDGs教育を進める教育関係者、学校、自治体、企業に大変好評いただいています。第2回は400点以上の応募があり、原画をすべて展示した展覧会も開催しました。今回の第3回は、「誰一人取り残さない」ために、前回から引き続き募集した‟マンガのチカラ”を信じ年齢・言語の壁を越え誰にでも分かりやすく伝わる「SDGsマンガ大賞」やレポート作品の他、新たに「SDGs川柳大賞」を新設しました。「もったいない」「助け合い」が当たり前でプラスチックがない究極のサステナブルな時代を過ごしたシニアからSDGs教育が進む子どもたちまで、全世代が主役となり持続可能な社会のための発信をいたします。

 

  • SDGs作品公募の目的
    ①「リビエラSDGs作品・マンガ大賞」開催を告知し、SDGsやサステナビリティを考えるきっかけをつくる
    ②作品制作を通じて、お子様世代、親世代、祖父母世代など、世代を超えてSDGsの連鎖を広げる
    ③1つとして同じ作品のない「SDGs作品・マンガ大賞」を通じて、多様性を認め合う社会を実現する

 

  • 運営

主催:リビエラSDGsアクション実行委員会
共催:NPO法人リビエラ未来創りプロジェクト/株式会社リビエラリゾート/株式会社リビエラ東京
協賛:アサヒビール株式会社株式会社
協力:株式会社アディスミューズ
後援:神奈川県/横浜市/豊島区/三浦市/横須賀市/葉山町/逗子市/鎌倉市/藤沢市/平塚市/神奈川県教育委員会/横浜市教育委員会/豊島区教育委員会/三浦市教育委員会/横須賀市教育委員会/葉山町教育委員会/逗子市教育委員会/鎌倉市教育委員会/藤沢市教育委員会/平塚市教育委員会/東京都私立初等学校協会/一般財団法人神奈川県私立中学高等学校協会/神奈川県私立小学校協会

《NPO法人リビエラ未来創りプロジェクト》
リビエラグループが展開する事業は、大自然の恩恵なくしては成り立ちません。だからこそ私たちは世界中の様々な課題を自社の課題として取り組む社会的使命があると考えています。2006 年より活動をスタートした「リビエラ未来づくりプロジェクト」は、「環境」「教育」「健康医療」の3つの軸で全社員が取り組み、現在 SDGsを推進しています。その一環として、2012 年から「サステナビリティタウン・リビエラ逗子マリーナ」を掲げて、太陽光の利用や、プラスチックストローの全廃止、ビーチクリーン活動の他、ペットと共生するイベント、循環型農法など、リビエラ逗子マリーナではサステナブルな街づくりに取り組んでいます。また、電気自動車の普及活動を通して、CO₂排出削減の意識向上に努めています。『マリブホテル』では、災害時に電気自動車からホテルフロントの照明やコンセントに電力が供給できるV2B(Vehicle to building)のシステムを日本のホテルでは初めて導入し、エコロジーと防災にも配慮したホテルを目指しております。そして2020年12月にはこの社会活動をさらに強力に推し進めていくために「NPO法人リビエラ未来創りプロジェクト」を設立し、人々や団体を相互につなぎ合わせるHUB(ハブ)の役割を果たし、幅広い歩みを続けていきます。
「リビエラ未来づくりプロジェクト」公式サイト:https://www.riviera.co.jp/sustainability/
E-mail:info-sdgs@riviera.co.jp

ビーチクリーン活動ビーチクリーン活動

次世代を担う子どもたちへの海洋普及活動次世代を担う子どもたちへの海洋普及活動

《リビエラグループについて》
リビエラグループは、1926年創業の米ロサンゼルス「リビエラカントリークラブ」と1927年建造大型木造帆船「シナーラ」をフラッグシップとし、国内ではリビエラ逗子マリーナ(逗子)、リビエラシーボニアマリーナ(三浦)、リビエラ東京(池袋)を中心に、マリーナ事業、不動産売買・管理、プレステージ会員制シェアクラブ運営、ホテル、レストラン、イベントプロデュース、ウェディング事業を手がけ、心豊かなライフスタイルを提案しています。また事業展開と同時に「リビエラ未来づくりプロジェクト」を通し、 国連の持続可能な開発目標(SDGs)を推進しています。
公式サイト https://www.riviera.co.jp/

 

リビエラグループのストーリー

もっと見る

 

 

 

Content retrieved from: https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000168.000049154.html.

タイトルとURLをコピーしました