【アステュート・アナリティカリリース】2022年の陸上移動無線市場の状況を把握するための調査を実施しました。

【アステュート・アナリティカリリース】2022年の陸上移動無線市場の状況を把握するための調査を実施しました。

Astute Analytica

2023年1月13日 22時34分

運輸、軍事・防衛などの主要分野におけるアプリケーションの増加、アナログ陸上移動無線のデジタル化の進展、同地域における研究開発活動の増加などにより、現在、北米は陸上移動無線機市場の独占的な地位を占めています。

調査概要:

調査期間 : 2022年9月15日~12月19日

調査機関 :

調査委託先 :  株式会社 アステュート・アナリティカ

自社調査

調査対象 : この調査は、世界中のあらゆる規模の組織のリーダー 890人を対象に行われました。

有効回答数 : (890人)

調査方法 : 電話調査300人、インターネット調査590人

調査回答者: 調査は、収益に基づいて企業間で実施されました。

調査結果 :

質問:タイプ別の陸上移動無線市場はどのように分類されていますか?

2022年には、携帯型セグメントが6,743 百万米ドルの金額で最大の収益シェアを占めると予想されています。技術ユーザーは、安全で効果的、および生産的な職場環境で成功するために必要なコミュニケーションを提供するために依然として双方向無線に依存しています。実際、より多くの産業で双方向ポータブル無線機が採用されています。

質問:陸上移動無線市場で最も多く消費されている技術はどれですか?

予測期間中はデジタルセグメントが最も高い 年平均成長率(CAGR)で成長すると予想される。デジタル化により音声が改善さ れました。アナログ信号では、音声が乱れ、聞き取りにくいことがあります。デジタルラジオは、背景ノイズの抑制により、交通渋滞や 混雑といった聞き取れない背景音を伝えることはありません。

質問:周波数別陸上移動無線市場はどのように分割されていますか?

周波数帯域450から512MHz(UHF)の陸上移動無線機は、2022年までに年平均成長率(CAGR)12.81%で成長し、収益面で最高の市場シェアを占めると予測されます。

質問:陸上移動無線市場で好まれているアプリケーションはどれですか?

陸上移動無線機は、世界市場において最も普及しているアプリケーションは公共安全関連であり、それだけで、市場シェアの大半を占めています。

質問:陸上移動無線市場を牽引する主な要因は何ですか?

この市場は、重要な通信業務における陸上移動無線の重要性の高まりによって牽引されると予想されます。安全保障上の脅威、テロや犯罪の増加、自然災害や人為的災害の増加が、LMRの需要を大幅に増加させると予想されます。

多様な産業における陸上移動無線の応用

陸上移動無線は、小売業、運輸、公共事業、鉱業、その他娯楽、建設、製造、観光など様々な産業で使用されています。LMRには、固定ベース、ポータブル・ハンドヘルド、車載型など様々なタイプがあります。

調査結論:

研究開発活動は、陸上移動無線市場で有利な成長機会を生み出します。 企業は、市場での存在感を高めるために、研究開発活動に継続的に注力しています。 たとえば、ヨーロッパでは、第 3 世代の移動無線システムを設計するためのさまざまな研究開発活動が開始されています。

陸上移動無線機の市場は、いくつかの利点はあるものの、多額の設備投資と訓練や 熟練した人材を必要とするLMRの構築コストが高いことが障害となることが予想されます。

続きを読む: https://bit.ly/3kc6FtK

私たちについて:
Astute Analyticaは、グローバルな分析・アドバイザリー会社であり、お客様に提供してきた具体的な成果により、短期間で確固たる評価を得てきました。私たちは、様々な業種の非常に要求の多いお客様のために、他に類を見ない深く正確な見積もりや予測を作成することに誇りを持っています。当社には、テクノロジー、ヘルスケア、化学、半導体、FMCGなど、さまざまな分野のお客様にご満足いただき、リピートしていただいているお客様のリストがあります。これらのお客様は、世界各地から当社を訪れます。その理由は、複雑なビジネス環境、セグメント別の既存および新規の可能性、技術形成、成長予測、さらには利用可能な戦略的選択肢などを分析しているからです。要するに、完全なパッケージなのです。これは、ビジネスアナリスト、エコノミスト、コンサルタント、テクノロジーの専門家からなる、優秀で経最優先としています。私たちと一緒に仕事をすることになれば、費用対効果の高い、付加価値のある最高このプレスリリース

 

Astute Analyticaのストーリー

もっと見る

 

 

 

Content retrieved from: https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000146.000087115.html.

タイトルとURLをコピーしました