北海道芽室町・CryptoNinja Partners・株式会社あるやうむが提供する、NFTを用いたふるさと納税「ふるさとCNP2022」において、返礼品合計222個全てに対して寄付が集まりました。

北海道芽室町・CryptoNinja Partners・株式会社あるやうむが提供する、NFTを用いたふるさと納税「ふるさとCNP2022」において、返礼品合計222個全てに対して寄付が集まりました。

株式会社あるやうむ

2023年1月6日 09時00分

北海道芽室町が、国内最大級のNFTプロジェクトCryptoNinja Partners(以下、「CNP」)、『NFTによる地方創生』を推進する株式会社あるやうむ(本社:北海道札幌市、代表取締役:畠中博晶、以下「あるやうむ」)が、コラボしたふるさと納税の返礼品「芽室町ふるさとCNP2022」は、12月29日(木)18時15分より寄付受付を開始。6分ほどで222個全ての返礼品に対して、寄付が集まったことを報告します。

芽室町ふるさとCNP2022サンプル画像芽室町ふるさとCNP2022サンプル画像

  • 芽室町ふるさとCNP2022における挑戦と振り返り

国内最大級のNFTプロジェクトCryptoNinja Partnersとのコラボ
今回の企画では、北海道で3番目の「ふるさと納税NFT」として、「芽室町ふるさとCNP2022」を実施しました。CNPの派生元であるNinja DAOのコミュニティ会員数は6万人に登り、日本で最も熱量の高いプロジェクトとして知られています。「芽室町ふるさとCNP2022」では、CNPコミュニティの大きな後押しを受け、さらに新しい方々にもCNPを知っていただくことで、全ての返礼品に対して寄付が集まりました。

アートの価値に留まらない「使えるNFT」「楽しめるNFT」
「芽室町ふるさとCNP2022」で用意されたNFTは、アートとして楽しむことができるだけでなく、特別な体験ができる権利が付与されています。さらに、返礼品として受け取ったNFTを持って芽室町を訪れることで、NFTの絵柄が変化する仕掛けも実装予定です。ふるさとCNP保有者が芽室町を訪れたくなる仕掛けを施すことで、自治体の関係人口の増加、観光誘致にも繋げます。他には、CNPのコミュニティ「NinjaDAO」のCNP保有者のみ参加可能なdiscordチャンネルを1か月体験する権利も付与されます。

NFTに特化したポータルサイト「ふるさと納税NFT β版」
あるやうむが自社開発したNFTに特化したポータルサイト「ふるさと納税NFT β版」を活用することで、通常暗号資産で取引されることの多いNFTを日本円で決済できるようになりました。また、ポータルサイトの利用特典として、初心者向けのNFTセミナーを用意することで、多くの方がスムーズに返礼品のNFTを受け取ることができるようにしました。なお、ポータルサイト「ふるさと納税NFT」は2月中の正式リリースに向けて開発を進めることが決まっております。

※「芽室町ふるさとCNP2022」の詳細は、寄付受付前に出したプレスリリースを参照ください。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000034.000091165.html

  • 芽室町ふるさとCNP2022関係者からのコメント

■芽室町長 手島旭のコメント
この度は、北海道芽室町に多くの皆様が、ふるさとCNPを通じてふるさと納税によるご寄付をいただきましたこと、厚く感謝申し上げます。また、今回のふるさとCNPの企画にご尽力いただきました関係者の皆様にも、厚く御礼を申し上げます。今回、皆様と繋がった「ご縁」を大切にさせていただき、これからも「北海道芽室町」の応援団として、「みんなで創り みんなでつなぐ ずっと輝くまち めむろ」を一緒に創る一員になっていただけましたら嬉しく思います。

■株式会社あるやうむ 代表 畠中博晶のコメント
まず、芽室町での「ふるさとCNP2022」のリリースについて、この取り組みを実現するために細かな調整に尽力してくださった芽室町職員の皆さま、CNPのコミュニティの皆さまに心より感謝申し上げます。北海道で3番目の「ふるさと納税NFT」への挑戦ということで、複数のふるさとCNPを保有している方は、観光で北海道に訪れたい場所がどんどん増えているのではないでしょうか。芽室町は起伏のない地形に位置する街で、今回、ふるさとCNPの背景としても使用された嵐山展望台は、遠くまで続く地平線を一望できるスポットです。また芽室町はとうもろこしが名産で、コーンチャーハンというご当地グルメもあるので、ぜひ芽室町へ足を運んでいただき、素敵な所有体験と、絶景でとうもろこしを堪能していただけると嬉しいです!

  • 関係者情報

■芽室町について
芽室とは、アイヌ語で「メム・オロ」が転化したもので、意味は「川の源の泉や池から流れて来る川」です。十勝川、芽室川、美生川などが潤した肥沃な大地には、小麦、じゃがいも、小豆、ビートなどの作物が広大な畑で育っています。まちの大きさは東西22.6km、南北35.4km。その約42%が農地で、49%が山林となっています。本州の観光客たちが芽室を訪れて驚くのは広大な畑作地帯です。カリフォルニアの空を連想させる気候は、日本有数の晴天率(平成8年度から10年間平均48%)を誇り、作物や人々を元気づけています。夏は昼暑く夜は涼しい風土がおいしい作物を育てているのです。年間平均気温6°C。寒暖差は夏は30°C以上。冬には氷点下20°C以下になることもあります。自然豊かな魅力とおいしい農産物食品を味わって「感動めむろ」を体験してほしいです。

■CryptoNinja Partnersについて(https://www.ninja-dao.com/cnp)
CryptoNinja Partners(CNP)は、CryptoNinjaのサブキャラクターが主役になった、22,222点発行のNFTコレクションです。今年5月15日の発売後、流通総額は3,000ETH(約6.6億円)、NFT保有者数は4,700名を突破。7月31日には2,222体が新キャラクターに生まれ変わる「バー忍」、8月2日にはそのリビールを実施しました。

■CryptoNinjaについて(https://www.ninja-dao.com/)
CryptoNinjaは、「買う」だけでなく、「誰もが参加し、育てていける」キャラクターです。NFTコレクションは、その入り口に過ぎません。2022年2月には、(株)ファンワークスによるアニメPVの制作、HashGamesによるP2E(Play to Earn)ゲームの制作が決定。Web3時代を象徴するキャラクターとして、活躍の場を広げています。

■株式会社あるやうむについて(https://alyawmu.com/)
株式会社あるやうむは、「NFTによる地方創生」を推進するため、全国の自治体向けにふるさと納税NFT・観光NFTソリューションを提供する札幌発のスタートアップです。地域の魅力を表現したNFTを提供することで新たな財源を創出すると共に、シティプロモーションを促進し、関係人口の創出や観光誘致に繋げます。社名「あるやうむ」はアラビア語で「今日」を意味する言葉。今日、いますぐチャレンジをしたい自治体・地域の皆様にNFT技術を提供することで観光DXを推進し、地域経済の活性化に貢献します。

  • 株式会社あるやうむ 会社概要

・会社名  :株式会社あるやうむ
・代表者  :畠中 博晶
・所在地  :札幌市北区北38条西6丁目2番23 カトラン麻生302号室
・設立   :2020年11月18日
・資本金  :2300万円(準備金含む)
・事業内容 :NFTを活⽤した地方創生コンサルティング・開発
・URL         :https://alyawmu.com/
・Twitter      :https://twitter.com/alyawmu/

 

株式会社あるやうむのストーリー

もっと見る

 

 

 

Content retrieved from: https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000036.000091165.html.

タイトルとURLをコピーしました