猫のメタバース「ネコデース」で開催された第三回サッカーネコデース杯の解説映像が公開開始「1月2日」

猫のメタバース「ネコデース」で開催された第三回サッカーネコデース杯の解説映像が公開開始「1月2日」

ボールが外に飛んでいかない透明な壁が設置後初の開催

ファクトリー

2023年1月2日 15時43分

ハトバース等の鳩(ハト)のゲームアプリシリーズを運営する株式会社ファクトリーは猫のメタバースアプリ「ネコデース」上で1月1日に第三回サッカーネコデース杯決勝戦を開催し、1月2日に試合の映像を公開したことをお伝えいたします。

第三回サッカーネコデース杯第三回サッカーネコデース杯

今回公開されたサッカーの実況動画はこちら

 

▶ネコデースiPhone用アプリのダウンロード(アップデート)はこちら(AppStore)
https://apps.apple.com/jp/app/id1619212947

▶ネコデースAndroid用アプリのダウンロード(アップデート)はこちら(Google Play)
https://play.google.com/store/apps/details?id=net.fctry.android.nekoverse

【第三回サッカーネコデース杯について】
2023年1月1日にハトバース公式ツイッターアカウントにて17時頃に告知しその後20時20分から開催された
「第三回サッカーネコデース杯」についての動画を撮影することに成功した為、その動画をもとに解説動画を作成いたしました。

試合前に乱闘のアクシデントも試合前に乱闘のアクシデントも

実況はハトジャンプやハトリビングというゲームのボスキャラを担当している「宇宙の帝王」氏と
今回試合にも実際に選手として参加した、ネコデースを宣伝するために生まれてきた「ネーコー・デースー」氏が担当。
※ネーコー・デースー氏については本人も猫であるという理由で解説を担当いたしました。

第二回サッカーネコデース杯では、パンチ機能が導入され、パスやシュートが打てるようになりましたがボールが飛びすぎてサッカー場の外にボールが飛んで行ってしまい、終始みんなで球拾いに行く必要があり終始試合が成立しないという最悪の結果に終わりました。
今回その反省を生かし、サッカーコートの外側にボールだけが通れない見えない壁が設置されたことにより球拾いに行くことなく試合を行うことができました。

パンチ機能を活かした見事なゴールパンチ機能を活かした見事なゴール

【ネコデースについて】
ネコデースでは、自らが猫となることができ、同時に最大20匹アクセスが可能です。
猫同士のリアルタイムコミュニケーションを楽しむ空間が遂に誕生致しました。

【ゲーム概要】
タイトル :ネコデース|猫のメタバース
プラットフォーム:スマートフォン(iOS)(Android OS)
ジャンル:猫のメタバース
※ネーコ・サッカーバース

リリース日 : 2022年5月1日
価格 : 無料
プレイ人数 : 複数
公式サイト :https://torigames.fctry.net/nekodeesu/
公式Twitter :https://twitter.com/nekodeesuyo
シリーズ共通Twitter : https://twitter.com/hatojump
公式YouTubeチャンネル: https://www.youtube.com/channel/UCGdmBTUFkcQXlcjc2GseSCg

▶ネコデースiPhone用アプリのダウンロード(アップデート)はこちら(AppStore)
https://apps.apple.com/jp/app/id1619212947

▶ネコデースAndroid用アプリのダウンロード(アップデート)はこちら(Google Play)
https://play.google.com/store/apps/details?id=net.fctry.android.nekoverse

【関連サービス】
■ハトバース|鳩のメタバース
ハトバース公式サイト
https://torigames.fctry.net/hatoverse/
■カラッスゥー|カラスのメタバース
カラッスゥー公式サイト
https://torigames.fctry.net/karassu/

■ハトジャンプ 難しすぎるジャンプゲー‪ム
ハトジャンプ公式サイト
https://torigames.fctry.net/

■ハトリビング 鳩がリビングで豆を食べるゲーム
ハトリビング公式サイト
https://torigames.fctry.net/hatolivng/

 

ファクトリーのストーリー

もっと見る

 

 

 

Content retrieved from: https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000054.000049515.html.

タイトルとURLをコピーしました