メディアドゥ、手塚プロダクション、Terapin/手塚治虫の傑作マンガ『どろろ』縦スクロールコミック版リメイク、きょう日韓で同時配信を開始

メディアドゥ、手塚プロダクション、Terapin/手塚治虫の傑作マンガ『どろろ』縦スクロールコミック版リメイク、きょう日韓で同時配信を開始

株式会社メディアドゥ

2022年12月28日 09時00分

​株式会社メディアドゥ(東証プライム 3678、本社:東京都千代田区、代表取締役社長 CEO 藤田 恭嗣、以下「メディアドゥ」)は、株式会社手塚プロダクション(本社:東京都新宿区、代表取締役 松谷 孝征、以下「手塚プロダクション」)、韓国の大手縦スクロールコミック制作スタジオ・株式会社Terapin(旧コピンコミュニケーションズ、本社:韓国・ソウル市グロ区、代表取締役 ユ・ヨンハク、以下「テラピン」)との共同プロジェクトである手塚治虫の傑作ダークファンタジーマンガ『どろろ』の縦スクロールコミック版リメイクについて、2022年12月28日より日韓で同時配信を開始しましたので、お知らせいたします。

■作品概要

 

©Tezuka Productions/Bean/Lee do kyong/Terapin/YUZU comics

作品ページ(ピッコマ): https://piccoma.com/web/product/121002

 

作品タイトル どろろ Re:Verse
原作 手塚治虫
原作提供・監修 手塚プロダクション
脚本・絵コンテ イ・ドギョン(ARC STUDIO代表)
Bean
企画・制作・流通 テラピン、メディアドゥ
発行元 テラピン/YUZU comics(メディアドゥ)
ジャンル バトルアクションファンタジー

 

配信開始日時 日韓:2022年12月28日(水)
日韓同時配信後、順次他書店にも配信
配信開始時話数 12話
配信形式 毎週水曜日1話更新
配信先書店 ピッコマ(日本)、kakaopage(韓国)
北米、中国、ヨーロッパの主要書店に順次拡大予定

 

体の48箇所を魔物に奪われた百鬼丸が、魔物退治の旅を続ける手塚治虫の名作マンガ『どろろ』、その続編を縦スクロールコミックで現代を舞台にリメイクします。

韓国の人気縦スクロールコミック『月光彫刻師』の脚本などで知られるストーリー作家で、手塚治虫の大ファンでもある李度京(イ・ドギョン)氏(ARC STUDIO代表)が脚本・絵コンテを担当。さらにファンタジージャンルに強みを持つ韓国の制作会社・テラピンと、メディアドゥ、手塚プロダクションがタッグを組みました。

『どろろ』のバトル・ファンタジー要素と世界観を引き継いだ『どろろ Re:Verse』は、縦スクロールコミックの先進地・韓国の知見を最大限に生かし、インパクトと臨場感あるシーンをふんだんに織り交ぜた作品です。

【『どろろ Re:Verse』 あらすじ】
戦国時代に生まれ、妖怪に肉体を奪われた「百鬼丸」。己の肉体の欠片を持っている妖怪を狩りながら、少しずつ体を取り戻していき、現代まで生き残るが…⁉ 都市の闇の中、妖怪を狩りながら生きてきた百鬼丸の前に、突然一人の少女が現れる。妖怪でもないのに、百鬼丸の欠片の一部を持っている少女「ロロ」。百鬼丸はロロとの契約により、残りの妖怪たちを追って最後の狩りに向かう。今度こそ完全なる人間になるために──。手塚治虫の代表作の一つである異色の時代劇『どろろ』が、現代ファンタジーとして新たにリブート!!

■手塚プロダクション 取締役 手塚るみ子様 コメント
手塚治虫が亡くなってからこれまで、私たち手塚プロダクションは様々な事業を通じて、手塚作品の魅力を次世代へ手渡せるようにしてきました。
もはや手塚自身は新しい作品を生み出すことが叶いませんが、その創作に影響を受け、そのイズムを継承している現役作家の方々とともに、今までにない作品を作りあげることによってまたひとつ、手塚作品の魅力を世界中へ発信できるのではないかと期待しています。

■『どろろ』原作について

1967年から1968年に「週刊少年サンデー」(小学館)、1969年に「冒険王」(秋田書店)で連載。テレビアニメや映画、ゲームにもなった、手塚治虫の時代劇作品の中でも特に著名な作品です。
===================
<あらすじ>
戦国武将に仕える醍醐景光は、天下を取るという野望をかなえるために、生まれて来るわが子の体を48匹の魔物に与えてしまう。こうして生まれた子供は、体の48ヵ所の部分が足りず、川に流され捨てられてしまった。
時は流れ、一人の少年が戦(いくさ)の世を旅していた。百鬼丸という名のこの少年こそ、魔物に体を奪われた赤ん坊の成長した姿であった。1匹の妖怪を倒すごとに失った体の1ヵ所を取り戻せるという宿命を負いながら旅を続ける百鬼丸は、どろろと名乗る泥棒少年と出会う。一緒に旅をすることになった二人だが、彼らの行く手には次々と妖怪や死霊が襲いかかって来るのであった。
===================

【株式会社手塚プロダクション概要】
会社名:株式会社手塚プロダクション
所在地:東京都新宿区
代表:代表取締役 松谷 孝征
事業内容:『鉄腕アトム』『ジャングル大帝』『リボンの騎士』『ブラック・ジャック』など、手塚治虫の創作した著作物の版権を管理
URL:https://tezuka.co.jp/

【株式会社Terapin概要】
コンテンツに関する全てをカバーするデジタルコンテンツの専門企業。幅広いジャンルのウェブトゥーンを高品質で制作し、各国の電子書店に配信。2022年末までに配信作品が100以上に達する見込み。代表作に『伯爵家の暴れん坊になった』『皇女、反逆者に刻印する』『魔族の契約』など。キャラクター、絵文字、ウェブ小説の制作なども手がける。
会社名:株式会社Terapin
所在地:ソウル市グロ区
設立:2014年
代表:代表取締役 ユ・ヨンハク
事業内容:ウェブトゥーン、キャラクター等制作、プラットフォーム展開

■縦スクロールコミックレーベル「YUZU comics」について
メディアドゥによる縦スクロールコミック専門の新レーベルで、国外で制作された有力な縦スクロールコミック作品の調達・翻訳・流通のほか「YUZU comics」オリジナル作品の制作・流通を行います。制作・流通の両面からIP価値を最大化し、縦スクロールコミックを含めた電子コミック全体の市場拡大へ貢献することを目指します。

 

株式会社メディアドゥのストーリー

もっと見る

 

 

 

Content retrieved from: https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000079.000009027.html.

タイトルとURLをコピーしました